平戸市観光情報  
   
市役所の案内ページ http://www.city.hirado.nagasaki.jp/city/
  平戸市について色々な角度から見る事ができます。
   
平戸市観光協会 http://www.hirado-net.com/
  観光について調べるならまずこのページ!!
3月31日までは『ひらめまつり』が開催されているようです。
飲食店ののぼりが目印
   
観光コース(徒歩)はこちら http://www.hirado-net.com/plan_toho.html
  地図とにらめっこしならが歩きますか?
それとも地元の観光ガイドさんと、楽しく歩きますか?
ガイド本に載っていない、穴場が有るかも・・
   
観光コース(車・タクシー)はこちら http://www.hirado-net.com/plan_car.html
  海あり、山あり色良いろな観光名所が各地にあります。
バスなどの公共交通機関を使って来たなら、車を使っての観光もおすすめ
YOKAROバスは、貸切も行っています。
   
観光コース(体験)はこちら http://www.hirado-net.com/plan_taiken.html
  方言でやってみよう!! ⇒ やらんば!!
見てるだけじゃつまらない。
とにかく体験してみましょう。
   
観光コース(島へ渡る)はこちら http://www.hirado-net.com/plan_sonota.html
  周辺の島へ渡るコース、
やっぱり釣りですか? 島をぐるっと1周なんて事も出来るかも・・
詳しくは、サイト内にある平戸観光交流センターへお尋ねください。
平戸観光情報  YOKAROバス車内から見られる風景です。
 ①平戸大橋  
 平戸島の入口に架かる朱塗りの美しい大橋は、1977年4月4日に有料道路として開通した平戸島と田平町を結ぶ吊り橋です。
4年の歳月と、56億円をかけて架けられました。
橋は全長665m、トラス吊橋構造で主塔間465.4m、幅10.7m、海面上30mに吊られ、大橋の下には公園があります。
公園には洋風庭園や遊具広場が整備されており、 平戸大橋をバックに写真を撮るには最高の場所でもあるため、休日の利用者はとても多くいらっしゃいます
   
②幸橋(オランダ橋)  
 その昔の平戸では、お城と城下町との往来は船でした。
1669年(寛文9)平戸藩主第29代鎮信が、そこに木橋を架け幸橋と呼ばれましたが、
その後第30代棟が石橋に改架し、これを別名「オランダ橋」と呼びます。
これは、オランダ技法を伝授された石工によって架橋されたからだといわれています。
巧みに巨石をたたみ半月弧を描く美しい石橋です。
   
③平戸城  
 平戸城は、別名亀岡城とも呼ばれ、平戸瀬戸に突出した平山城です。
平戸藩主第29代天祥鎮信は、平戸古城の再築(日の岳城を1599年築城、1613年焼く)を図りました。
そして、山鹿素行と共に設計を行い、1704年30代雄香棟が着工、1718年(享保3)31代松英篤信の時に亀岡城として落成しています。
山鹿流による築城は他には聞かれません。
現在の城は1962年(昭和37)に復元(天守閣三層五階建)され、その後櫓も随時整備されています。
天守閣からの景色はさえぎる物がなく、それはそれは美しく素晴らしい眺めです。
   
④平戸温泉 うで湯・あし湯  
 平戸桟橋の近くに位置し、観光スポットを巡る途中などの休憩場所として、
また、市民の憩いの場所として親しまれています。
平戸温泉は美人湯です。
ぬるっとした肌触りがとても心地よく、ご利用の後はお肌スベスベですよ